うつは治療方法がたくさんあるから一つに縛られるな

うつは治療方法がたくさんあるから一つに縛られるな

どうも、さいです。

 

この記事はうつ病中度(まぁ動けるようになってきた)方向けです。

私はこのやり方があっていましたが必ずみなさんにもあっているとは限りませんので、ご了承ください。

 

今回のテーマは「うつは治療方法がたくさんあるから一つに縛られるな」です。

 

このテーマ自体が結論みたいなものなのですが、結論をいうと「いろんな治療法を自分で試していき試行錯誤していけ」ということです。

 

なぜこのテーマにしたかというとTwitterでちょくちょく見かけるツイートがあるからです。

それは「治療方法でこれ試してるけど全然効果ない」というツイートです。

 

こういったツイートをしている方たちが効果がでない理由には2つパターンがあって

 

1つ、効果が出る期間まで治療方法を試していない。

2つ、その治療方法は自分にあっていない。

 

です。

 

今回は2つ目の「その治療方法は自分にあっていない」について深く話します。

 

まず、うつを治すのは難解であることを理解すべき。

皆様もわかっているとは思いますが、うつはめちゃくちゃ難しい病気です。

 

そもそも、「うつが治った」とはどの状態を指すのかが不確かです。

 

仕事ができれば完治といえるのでしょうか?

しかし、仕事をしながらもうつの治療をしている方もいらっしゃいます。

 

基本病気の完治は「社会復帰」「病気の元凶(菌など)の撲滅」が目標ですが、どちらもうつ病は目に見えてわかるわけではないので完治の判断が難しいのです。

 

 

この点をみてもうつの完治が難しいのがお分かりいただけると思います。

 

うつの完治は難解!だからこういうマインドを身に着けよう。

「治らなくても気にしない」

 

このマインドがとても重要です。

 

私が「動けない」の状態から「毎日散歩可能」まで回復したのは、「治らなくても気にせず次の治療方法を試したから」というのが大きいです。

 

ですが、最初からこの思考にはなれないと思います。

わたしも最初は「なんで治んないの?」「こんなに頑張っているのに」とイライラしていました。

 

この治療法がいいって聞いたのになんで治んないんだ!あ~、早く治したい・・・

 

と思っていましたが、ある日とあることに気付きました。

それは、「怒り」という感情はただ体力を消耗するだけで無意味であるということと、怒ったところで病気は回復しないということです。

 

それに気づいたとき、こう思いました。

 

 

・・・ほかの治療方法はないのかな?

 

 

私はこの日を境にイライラを減らしいろんな治療方法を手あたり次第行いました。

 

すぐに治った気がしなくても気にせずにほかの治療方法も試していき、いまにいたります。

 

なので、「治らなくても気にしない」というマインドは重要だと私は感じております。

 

自分に合った治療方法を見つけるには?➡正直しらみつぶしで試していくのが一番。

自分にあった治療方法と出会えることってなかなか難しいです。

 

主治医もすぐに患者にあった治療方法を紹介はできないです。

そうとう優秀な先生で患者の性格分析も完璧にできる先生なら可能でしょうけど、それはプロであっても人間なので期待はしないほうがいいです。

 

なので、めんどうではありますがしらみつぶしに治療を試していくのがいいです。

 

見つけ方はネットでググるのがおすすめです。

いろんなかたの体験談が匿名なので赤裸々に語られています。

 

利用しない手はないです。

 

ほかにはお医者様へ相談してよさそうな治療方法を見つけるのもベストです。

 

彼らはほかの患者で事例を知っているので、どういう風に治療を進めていくのかを細かく提示してくれます。

 

自分ひとりでは治療を進めていけない!

 

という方はぜひ主治医にどんな治療方法があるのかを聞いてみてください。

 

まとめ

ポイント・うつの治療方法はひとつじゃないから一つに縛られない。
・うつは完治の定義が難しい。
・治らなくても気にしない。
・治療方法はしらみつぶしに試していく。
・治療方法はググって体験談を読んでみる。
・主治医に相談もあり。

 

になります。

 

よかったら試してみてください。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

それではノシ