【必見!うつ治療方法】うつ病は〇〇だけをするだけで治療の効果がでます。

【必見!うつ治療方法】うつ病は〇〇だけをするだけで治療の効果がでます。

どうも、さいです。

 

今回のテーマは「うつ病はやりたいことだけやるべき」というテーマでお話を進めていきます。

 

「うつ病です」

と公言するとよくいわれるのが

 

うつ病らしくしてください!

うつ病なら病気の治療に専念してください!

うつ病なら遊ばないでください!

 

とかです。

これらをいわれたことのあるうつ病患者は意外と多いんじゃないでしょうか。

 

ですがここではっきりといいますが

 

うつ病は自分がやりたいと思ったことだけしていてください。

 

なぜならそれだけで治療になるからです。

 

詳しくは下記になります。

 

やりたいことだけやるのは医者も勧めてる治療方法です

この方法は私が嘘をでっちあげているわけではなく、カウンセラーのかたも勧めている治療方法です。

 

やりかたは簡単です。

「あ、今日なんだか調子悪いから休もうかな・・・」と思ったら休めばいいし、「今日は外で散歩したいな」と思ったら散歩をすればいいのです。

 

本当に思ったこと、やりたいと思ったことを実行すればいいのです。

 

じっさいに私もやりたい事だけやるようにしてからうつの症状は減りました。

 

 

最初はやりたいと思ったことすらうまくできないのですが、じょじょに「この日は動けるな」というのが増えてきたら実行すればいいです。

 

うつ病患者の多くは「自分のやりたいことをやる」が苦手

この治療方法は一見すると簡単ですし、うつ病じゃない人からしたら「楽そう」に見えると思います。

 

ですが、多くのうつ病患者は自分のやりたいことをやってきた経験が極端に少ない傾向があります。

 

自分の気持ちに従う=甘え、怠け

 

という思考回路になっている方もいらっしゃるはずです。

現に私がそうでした。

 

なので、この治療方法はうつ病患者にとってはとても難しく、恐怖でもあります。

 

 

そのため、「自分のやりたいことをやってもいい」といいきかせるのが重要になってきます

 

自分の気持ちに素直に行動するのは悪いことではない

人よりか自分のやりたいことを優先するのは悪いことではありません。

 

自分なんかのために……

と思いがちですが、自分が病人であるということを自覚して治療のために自分のやりたいことにフォーカスしましょう。

また、自分の気持ちに素直になれないと治ってもすぐにストレスが蓄積される可能性が高まります。

今後の人生のためにも自分のやりたいことを行うだけの治療をするのは効果的です。

まとめ

うつ病患者はやりたいと思ったことだけをやると、無理に体を動かしているわけではないので治療に繋がる。

でした。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

それではノシ